内緒 お金を借りる

こんな弁士事務所に頼むのはダメ

借金問題を秘密に処理できるかどうかは、弁護士の力量にかかっていると言えます。ヘタな弁護士を選んでしまうと、債務者の事情を全く考慮してくれなかったり、弁護士費用が無駄に高くて意味がなかった…なんてことにもなりかねません。弁護士といえども、レベルはさまざまなです。ですから、安易に選ぶのではなく、きちんと見極めて選ぶ事が必要。

 

特に、近くて便利だから…ただそれだけの理由で近所の弁護士さんに頼むのは危険です。近くても悪いことはありませんが、以下のような事に当てはまらないか、くれぐれもチェックを忘れずに決めましょう。

 

債務整理の経験が浅い
これはかなり不利。督促や催促に関して何もしてくれない、ましてやすぐに自己破産を進めてくるようでは、債務整理を円滑に進めていくのは無理でしょう。経験不足ばかりか、弁護士事務所の利益だけを考えて言っている可能性もあります。特に、内緒で進めていきたいのであればなおさらです。

 

交渉がヘタ
債務整理をする中で、一番の弁護士の腕の見せ所といえば「交渉」です。ですから、交渉力がある弁護士でないと意味がありません。特に任意整理では、この交渉力があるかないかでかなり違ってくるのですから、確かな交渉力をもつ弁護士に依頼するようにしたいですね。

 

弁護士費用が高い
債務整理の中でも、民事再生や自己破産などは数十万単位になるほど、その依頼料は高いものとなっていますが、任意整理ではそこまで高いものとはなっていません。大きな差があるのに、そこまで差がない金額を提示されたら…そこの事務所は債務整理における一般的な費用を知らない事となります。つまりは、債務整理を得意としていないともいえるのです。
債務整理を得意としているのであれば、その本質からも初期費用がかからないように設定してくれるはずです。なかには、後払いでもいいですよといってくれたりと、事情を十分に配慮してくれるのです。それがないということは、債務整理において期待できる事務所ではない…ということになります。


相談数よりも解決数が大事

借金問題をしっかりと誰にも知られずに解決するには、どの弁護士に頼むかでも変わってきます。近いから…なんて安易な理由で選んでしまうと、後々後悔することにもなりかねません。当たり前ですが、「近い=有能」というわけではないのです。それに、少しぐらい遠くても、中心になって動いてくれるのは弁護士であり、債務者本人はそう動くこともありません。メールや携帯でもやり取りもできますから、場所よりもいかに債務整理に慣れているのかで決めるようにしましょう。

 

弁護士事務所を選ぶ際には、いかに債務整理に関する案件実績が高いかです。これは、相談件数ではなく、解決実績数をいいます。弁護士事務所の中には、相談数を掲げているところがありますが、相談数が多くても解決数が少ないかもしれません。このことからも、解決した案件数を掲げているところのほうが、まだ期待できるといえます。