内緒 お金を借りる

内緒でやるにはどの方法がいい?

借金をきれいに整える方法としてあるのが、債務整理。債務整理と言ってもさまざまな種類がありますが、夫に知られないようにしておこなうには、どのような方法を使うのがいいのでしょうか?

 

債務整理には、任意整理・特定調停・民事再生・自己破産とありますので、その中のどれかを選んでおこなうことになります。また、最近では高すぎる金利から発生する「過払い金」といったものも注目を集めており、これがあるかないかでも、借金の整理が大きく変わってくるものとなります。

 

 

○任意整理
弁護士が債務者の代わりに、債権者(お金を借りている人)と交渉してくれます。返済についての見直しはもちろん、そこに過払い金が認められたらその返還を要求し、今後の支払金額の見直しや月々の支払額の減額などを要求します。

 

○特定調停
債務者自身が交渉や手続きをおこなわなくてはいけないもので、その間には裁判所が入ってくれます。

 

○民事再生
任意整理や特定調停では解決できないほどの多額の借金を整理する場合に使う方法。

 

○自己破産
借金をすべて失くすことはできますが、その後、お金を借りる事はできなくなります。。

 

○過払い金
高すぎる利息を払っていた場合に適用されます。過去にさかのぼって調べ、多く払いすぎた分を返金してもらいます。この返金したお金を元金に充てて、残っている借金を少なくします。

 

 

夫に内緒で済ませるには、自己破産が向いているようにおもえるものの、任意整理が一番向いているかもしれません。なぜなら、どの方法にもメリットだけでなくデメリットが存在しているからです。

 

借金が一番減るのは、すべてチャラになる自己破産です。弁護士費用が高額になるのは民事再生ですが、全くかからないのが特定調停。会社にばれる可能性としては、どの方法でもそんなにも大きなものではなく、ほとんどの方がばれずにおこなっています。家族にばれる可能性としては、任意整理が一番低く、他の手段では任意整理よりかはばれやすいかもしれません。財産がすべてなくなってしまうのは自己破産で、任意整理や特定調停ではその可能性は低いです。そして、行政が発行している「官報」に名前が掲載されてしまうのが、民事再生と自己破産です。

 

こうしたそれぞれの方法による特徴をつかんで、内緒でやるのに適していると言えるのが任意整理なのです。


なぜ、任意整理がいいのか?

任意整理は、債務者と債権者の間に弁護士が入って、債務者に有利になるように借金の金額を交渉していきます。弁護士が間に入る事で、債権者は督促や催促などの行為が一切できなくなるので、家族に借金の事を知られる危険性が低くなります。債権者とのやり取りはすべて弁護士がやってくれますから、そういった意味でも、家族にはばれない可能性が高いといえるのです。

 

また、債権者との話し合いの中で、家族が保証人になっている…つまりは夫が保証人になっている借金以外について整理することができるので、秘密で処理しやすいのです。整理したい借金を選べるのは、より借金が夫にばれるのを予防することになるのです。