内緒 お金を借りる

弁護士事務所を訪れる前にすること

借金問題に詳しい弁護士に相談しようと決めたら、まずは自分が抱えている借金の状態を整理するようにします。自分でもしっかりと再確認することにもなりますので、これはやっておいて損はないもの。弁護士への相談においても、スムーズにすすめることができます。

 

1か所からしか借り入れていないのであれば、それほど難しくないでしょう。でも、借入先が複数にもなると、ちょっと大変。しかも、借入期間も長いものだと、より整理したデータが活躍することとなります。一番いいのは、借金の経過を表にしてわかりやすく記載すること。弁護士にうまく話が伝われば、借金解決のための交渉もよりスムーズに進行できます。なによりも、早い段階で督促や催促などにストップかけることができ、より家族にばれる心配がなくなります。

 

また、これは人として当たり前のことですが、事前に電話かメールで予約するようにしましょう。弁護士という仕事はとても忙しいものですから、時間に対してとてもシビアです。出張で留守にしていたり、予約がいっぱいですぐには相談できない…なんてこともありますので、一度決まった時間は厳守するようにしましょう。もったいないです。

 

そして、弁護士に相談するときは、謙虚さと丁寧な立ち振る舞いを忘れずに。弁護士も人間ですから、あまりにも態度が横柄な人に対しては弁護をする気にもならないでしょう。ましてや、借金は自分の責任でもあるのですから、反省の色が見えない乱暴な対応をするようでは、依頼自体を断られることもあるのです。相談前には「今日はお時間をとってもらい、ありがとうございます」、相談後には「ありがとうございました」と感謝の気持ちを添えるようにしましょう。これだけでも、依頼に対しての仕事ぶりも違ってくるものとなります。


弁護士との面談で気を付けたいこと

弁護士との面談約束が取れ、準備もばっちり!そしていざ面談…その際には、メモをとることを忘れずに。弁護士がいう話を忘れないように、大事なところはしっかりとメモに残しておきましょ。後で、改めて確認することができます。意外と、聞いているようで抜けている情報ってあるんです。

 

しかも、このメモをとっている姿勢というのは、弁護士からみたら「借金問題に対して真剣に向き合おうとしている」といった好印象を与えます。依頼人も真剣であれば、弁護人も真剣に向かい合うようになりますので、出来るかがり印象はよくしておいたほうがいいでしょう。

 

また、相談に関して、隠し事は一切なしとします。借金に関することはすべて、包み隠さず話すようにします。「これは別に話さなくてもいいか」とか「ちょっと後ろめたいしな〜」なんて気持ちで黙っていると、それが原因で不利な状況に追い込まれてしまうかもしれません。自分の状況を打開するためにも、すべて包み隠さず、小さい事でも話すようにしましょう。弁護士は、たとえ不都合な事があったとしても、それを踏まえたうえで対策をとってくれますから安心して話してください。